当院のインプラント治療Implant

正確な技術と綿密な治療計画

口腔外科とは当院のインプラント治療

インプラント治療は、しっかりとした綿密な治療計画を立てることができるかが非常に重要です。

特にCT撮影は安全にインプラント治療を行うためには必須条件です。
当院では、CT専用機を完備し、安全、確実にインプラント治療を行える体制を整えております。
またインプラント手術室(完全個室制)にてプライバシーに配慮し、 清潔な環境下で安心してインプラント治療を 受けて頂けるように細心の注意を払っております。

口腔外科とは天然歯をなるべく残すための治療

当院では、患者様にできる限りストレスや痛みの少ない治療を提供できるように努力し、「天然歯を残す」ということに全力で取り組んでいます。
皆様の歯を守を守り、一生ご自身の歯で食事をしていただけるように努力するために、精密で丁寧な治療や歯の予防(予防歯科)に力を入れております。

まずはご一緒に、「どうにかして歯を残せないか」を考えませんか?

保存不能であれば、インプラント治療やブリッジ、義歯などの 治療方法をメリット・デメリットも含めて提案します。

「天然歯を残す」という意味は、どんな状態の歯でも残すということではなく、 治療すれば保存できる又は咬み合わせに耐えうることができる状態の歯を残しましょうと言う意味です。
そのためには、歯周病治療や根管治療などの一番基本となる歯科治療に力をれることが最も重要 だと私は考えています。

また、基本となる治療をしっかりと行った上で、咬み合わせと審美性を重視した被せ物(修復物) を入れるための精密な歯科治療(マイクロスコープ・顕微鏡・高倍率の拡大鏡を用いた治療) が大切です。
そして、治療後のメンテナンス治療や予防歯科を繰り返すことにより初めて「患者様の歯を守る」 ことができるのです。

私は、患者様との信頼関係を一番大切にしております。
はやし歯科医院のスタッフ皆で、患者様をサポート致します。

インプラント治療の例

右上第二大臼歯部のインプラント症例

具体的な治療計画
患者様の主訴:右上奥歯がないので物が食べにくいのでインプラントを入れてほしい。

上顎洞までの距離が短かったのでソケットリフトで上顎洞粘膜を持ち上げインプラント埋入した。 (骨補填剤を填入後インプラントを埋入)
治療後について
歯の欠損部を放置すると、両隣の歯が倒れてきたり、欠損部に 咬みこんでくる歯が抜けてきたり、咬み合わせが悪くなりますが、 インプラントを入れることにより咬み合わせを保つことができ ます。

また、Br修復のように欠損部前後の歯を削る必要がないのが インプラント修復のメリットです。 インプラント治療後は、違和感なく天然歯と同じように快適に咬む ことができます。
副作用・リスク
・外科手術のため、術後の腫れや痛みが伴う。
・神経や血管を損傷する可能性もある。
・神経を損傷した場合は術後に神経麻痺がでる可能性がある。
・手術部が術後感染を起こし予後不良になるケースもある。
・定期的なメンテナンスを怠るとインプラント部が感染を起こし  予後不良となる。
概算治療費
約40万円(+TAX)

インプラント治療の例

右下第二小臼歯のインプラント症例

具体的な治療計画
患者様の主訴:右下小臼歯がないので物が食べにくいのでインプラントを入れてほしい。
欠損部に十分骨があるので、通常のインプラント埋入のみで対応
治療後について
歯の欠損部を放置すると、両隣の歯が倒れてきたり、欠損部に 咬みこんでくる歯が抜けてきたり、咬み合わせが悪くなりますが、 インプラントを入れることにより咬み合わせを保つことができ ます。また、Br修復のように欠損部前後の歯を削る必要がないのが インプラント修復のメリットです。 インプラント治療後は、違和感なく天然歯と同じように快適に咬む ことができます。
副作用・リスク
・外科手術のため、術後の腫れや痛みが伴う。
・神経や血管を損傷する可能性もある。
・神経を損傷した場合は術後に神経麻痺がでる可能性がある。
・手術部が術後感染を起こし予後不良になるケースもある。
・定期的なメンテナンスを怠るとインプラント部が感染を起こし予後不良となる
概算治療費
約40万円(+TAX)

歯の悩みを安心してご相談ください

皆様は、全国で1年間にとのくらいの歯が抜歯されているか御存じでしょうか?
全国の歯科医院で1年間に約14,600,000 本の歯が抜歯されています。
この中に本当に保存できる歯はなかったのでしょうか?
私の歯科医療に対するコンセプトはここからスタートしました。
インプラント治療は、すぐれた治療であるのは言うまでもありませんが、
「まずは、保存の可能性のある歯は助ける努力する」という歯科医師でありたいと私は考えています。

当院では、まず患者さんの主訴を十分にうかがいます。
納得して頂ければ現在の状態確認や病状診断のために必要な資料取りを行います。
(レントゲン写真や口腔内写真、顎模型、顎関節診断、咬合器による咬合診断、 CT撮影による診断、顕微鏡・マイクロスコープを用いた口腔内審査など) 資料に基づいて審査・診断し「口腔内の問題点」をピックアップします。
治療計画・治療方針を立て患者さんに説明いたします。
患者さんが納得された治療方針で治療を開始いたします。

歯科用コーンビームCTによる正確な画像診断

  • 歯科治療の精確な審査・診断を行うために、歯科用コーンビームCTを導入いたしました。
    当院では、画像解像度の高い(細部までよく見える)CT専用機を導入し正確な画像診断が行えます。
  • 期待できるメリット

    CT画像診断を活用した歯科治療のメリット

    • 歯科用(コーンビーム)CTは、医科用の(ヘリカル)CTと比べての撮影被爆量は1/8~1/50 と極めて低水準です。
      近年、インプラント治療の危険性についてマスコミが題材的に報道しておりますが、安全なインプラント治療を受けるためには、CTによる画像診断が必要不可欠と言っても過言ではありません。

      また、外科的歯内療法(歯根端切除術)や骨再生療法や埋伏歯(骨の中に埋まっている歯)の抜歯など多くのケースの診断や治療計画をより確かなものにしてくれます。

当院のインプラント治療のための院内設備

機材紹介

~精密な治療に適した機材をそろえております~

歯科用コーンビームCT専用機
安全なインプラント治療を行うために、歯科用コーンビームCTによる正確な画像診断を行います。
骨や神経の走行、上顎洞などさまざまな情報を得ることができます。
CT画像診断
CT撮影した画像を分析し、3次元的に診断します。 またインプラント治療のシュミレーションもこの画像で行います。
インプラント手術室 (完全個室制)
完全個室制になっており、 プライバシーを守り 安心してインプラント治療を受けていただくことができます。 天井より、3灯のオペライトが手術部位を明るく照らします。 従来からある大きな円盤状のオペライトではないので、患者様に圧迫感を与えません。
高性能外科手術用空気清浄機
黒い四角い装置が「手術用空気清浄機」です。 塵や浮遊する細菌・ウイルスをほぼゼロにする特殊な空気清浄機です。 インプラント手術は、外科処置なので清潔さが重要です。 より清潔で安心・安全な治療を行えます。
マイクロスコープ(実体顕微鏡)
ミリ単位の繊細な手術を行う場合に用います。 特に審美性が問われる前歯部のインプラント治療で力を発揮します。

はやし歯科医院

一般歯科をはじめ根管治療、歯や口元の見た目を 整える治療、インプラントや虫歯予防など

お問い合わせ・予約は「HPを見た」とお伝え下さい
TEL06-6992-4550

診療時間
09:00 - 12:30 -
15:00 - 19:00(土日 09:00 - 12:30) -
-

休診:土曜の午後・日曜・祝日 ※電話での予約制